皿麺

800円 辛さ0 その他 都度調理
 2016年4月21日~24日の14時~17時のみ、調理人は白根社長の次男、隆也主任専任で発売されました。麺は特製の太麺(冷し肉醤麺の麺とも異なる)で茹でた後に中華鍋で炒められ、豚骨と野菜をベースとした少量のスープを加えた後にキャベツ、もやし、人参、ニラ、きくらげ、イカ、ゲソ、エビ、しじみ、さつま揚げ、焼きちくわ、なると(または蒲鉾)、豚肉、カキが一緒に煮こまれます。たくさんの具と麺はスープを吸って一体化し、皿麺として深い味と香りを全体に巡らせます。
並でもかなりのボリュームで麺は大盛まで、野菜大盛不可。
原型は2007年~2008年に中本のセカンドブランドとして発売された「くまが屋」の皿麺。
戻る