胡麻極辛

930円 辛さ 8 温/温 仕込調理
2016年3月、東池袋店にて発売開始。考案者は野口君。読み方は「ごまきょくしん」です。
味噌ベースのスープに胡麻、生姜、ひき肉が加えられ、にら、ネギ、スラ玉、茹でもやしがトッピングされます。胡麻というと担々麺を連想しますが、担々麺というよりは「辛めの胡麻味噌ラーメン」という方がしっくりきます。「極辛」という名前に恐れ戦いてしまいますが、ノーマルの辛さは胡麻の風味でとてもマイルドに感じられ、中本マニアには一番安心して食べられる味噌卵麺程度の辛さで落ち着いています。にら、生姜と寒い冬にはピッタリの身も心も温かくなる一品です。麺は並盛で1.5玉、野菜大盛可、2016年11月より辛さアップ(5倍まで)、シビレアップ(中シビ、大シビ、超シビの3段階)に対応可となりました。
戻る