FAQ

中本FAQ

 
よくいただくご質問と回答をまとめました。質問をクリックすると回答が表示されます。

【 店舗 】

中本とはどんなお店ですか?

「辛いラーメン」で有名なお店です。ただ辛いラーメンであればどこにでもあるのですが中本のラーメンはどのメニューも辛さと旨さの絶妙なバランスを保っており、一番辛い「冷し味噌ラーメン」や「北極ラーメン」でも慣れると辛さより甘味を感じるほどです。また、中本には中毒性がありハマると中本無しでは生きていけなくなります。毎日のように食べる常連さんもたくさんいます。

駐車場はありますか?

全店舗、中本専用の駐車場はありません。近くのコインパーキングを探して駐車しましょう。路上駐車はルール違反と共に中本の迷惑になるのでやめましょう。

混んでいますか?いつ行けばすいていますか?

店舗にもよりますが、お昼や夜、土日祝日等は大抵行列になります。ねらい目は平日の14時~18時くらい、土日であれば15時~17時くらいが比較的空いています。店舗によってはこの時間が休み(休憩)となっている事もあるので事前に営業時間を確認してから行きましょう。

行列にルールはあるのですか?

食券制なので混んでいなければ食券を先に買ってスタッフへ渡します。混雑時には行列に並びます。店によって並んでいる最中に食券を買って先に渡したり、券売機まで進んだら食券を買ったりと多少の違いはありますが、スタッフの方が食券を受け取りに来たり「食券を買ってください」とか声をかけてくれるので分からない場合はただ並んでいればOKです。 中本はどの店舗もメニューが多い上に券売機のボタン配列に統一感が無いので先に当サイト「店舗情報」の券売機写真にてボタンの位置を覚えてから行くとスムーズです。

大人数で行っても大丈夫ですか?

カウンターのみの店が大半なので混雑時に4人以上の場合は2名以下に分かれて食べた方が早いです。本店、品川店、御徒町店、亀戸店、草加店はテーブルがあるので4人程度なら待てばテーブルで食べられますが、カウンターのみの店舗で混雑時に大人数の横並びで空くのを待つのは後ろに並んでいる人も遅くなってしまうので迷惑がかかります。どうしても大人数で並んで食べたい場合は開店時に早めに並んで入るのが良いです。

閉店時間ギリギリでも食べられますか?

閉店の時点で行列に並んでいれば食べられます。閉店時は看板の電気が消えますのでそれ以降は並んでも食べられません。 店舗によっては閉店時間を過ぎても長く営業することもありますが、ビルや施設管理の関係でピッタリ閉店する店もあります。営業時間中に店舗に着くようにしましょう。

【 メニュー 】

店によってメニューが違うのはなぜですか?

混雑具合、お客さんの傾向等で店によりメニューの種類を決めているようです。ただし本店は中本の聖地として例外で先代中本さん時代のメニューを揃えており、他店では食べられない品がたくさんあります(醤油タンメン、サッポロ味噌ラーメン、樺太ラーメン、など)。各店ともオープン当初は仕込物が中心で徐々に都度調理物が増えていく傾向にあります。

看板メニューの「蒙古タンメン」ってどのくらいの辛さですか?

辛さの基準は難しいのですが、辛い物好きというのを自負しているのであれば辛すぎる事は無くおいしく食べられると思います。たとえば 「初めてのカレー屋さんでも辛口を注文する」 「ラーメン、そばなどを食べるときに無意識に唐辛子を入れている」 「居酒屋で焼き鳥やモツ煮などに唐辛子をかけすぎて一緒に飲んでいる人に嫌がられる」 というような方です。 それでも不安な方は「味噌タンメン」と「麻婆豆腐単品」を別々で購入しましょう。 「蒙古タンメン」は「味噌タンメン」に「麻婆豆腐」をトッピングした物なのでこれで辛さを調節できます。味噌タンメンは野菜の甘みが溶け込んだ味噌ラーメンにほんの少し唐辛子がかかった程度で、ほとんどの方には辛すぎる事はありません。始めは味噌タンメンを食べて少しずつ麻婆を足し、全ての麻婆が入ったらそれは「蒙古タンメン」です。 「蒙古タンメンの麻婆を別でちょうだい」というのはルール違反なのでやめましょう。

「限定メニュー」とはなんですか?

各店で「期間限定」「数量限定」「曜日限定」などのメニューを発売しています。これはスタッフの方が日々研究をした新作のお披露目(腕試し)の意味もあると思われます。限定で人気があった場合は長期に渡って発売されるので力が入っています。

「樺太丼」って「定食」と同じ麻婆なんですか?

定食や蒙古タンメンにかかっている麻婆と樺太丼の麻婆は異なります。蒙古タンメンや定食で使われている通称「蒙古麻婆」は一定量を作って湯煎で保存されていますが、樺太丼の麻婆(通称「樺太麻婆」)はオーダーが入ってから作ります。辛さも樺太麻婆の方が辛く味も濃いです。樺太麻婆が使われているメニューは樺太丼、麻婆豆腐定食(本店のみ)だけで、本店にある「樺太ラーメン」は「樺太」の名を冠していますが蒙古麻婆です。 限定メニューの「つけ樺太」は樺太麻婆に冷し味噌のスープを足した物、「特製樺太丼」は樺太麻婆に肉から出る油が加わるので樺太麻婆とは異なります。

ゆで玉子を切らずに出してほしいのですが

ゆで玉子は何も言わないとスライスカットされた「スラ玉」でラーメンに乗った状態で提供されます。切らずに丸ごと欲しい方は食券を渡す際に「玉子は丸で」と言えば切らずに提供されます。 白身抜きや黄身抜きは特殊な注文なので小皿を別でもらって自分でやりましょう。

 【 麺 】

麺はどのくらいの量があるのでしょうか?

通常の並盛では1人前約240g程度あります(ゆで方によって多少の誤差あり)。これは普通のラーメンよりやや多めなので注意してください。また、下記一覧の通りラーメン系と冷し系(つけ麺系)とでは元の量が異なります。また、ラーメン系では「特大」まででジャンボがあるのは一部メニューのみです。

<ラーメン>
・並 1玉 (約240g)
・大盛1.5玉 (約360g)
・特大2玉 (約480g)
・ジャンボ2.5玉 (約600g)

<冷し>
・並 1.5玉 (約360g)
・大盛 2玉 (約480g)
・特大 2.5玉 (約600g)
・超特大 3玉 (約720g)

ジャンボとはどのくらいの量ですか?

ジャンボは超特大より更に多く、ラーメン系で2.5玉(約600g)となります。大食いの方にはお得な量ですが、食べても何ももらえません。また、ジャンボメニューの複数人での取り分けは禁止されています。ジャンボはどのメニューでもできるのではなく、店舗によりメニューが決まっています。冷しのジャンボはここ数年発売されていません。

麺の「固め」とか「やわらかめ」って頼めるのですか?

できます。食券を渡す際に「麺固め」か「麺やわらかめ」とお伝え下さい。

麺を少なくしてもらう、または麺を抜く事はできますか?

どちらもできます。食券を渡す際にお伝えください。
・麺少な目 並の約3/4
・麺半分  並の約1/2
・麺1/3   並の約1/3
・麺抜き  麺なし(スープと野菜のみ)

ただし、どれも返金や代替品との交換(麺無しの代わりにゆで卵)等はありません。
また、麺が減った分スープも見た目が少なくなります。

北極ラーメンはなぜ「麺特大」ができないのですか?

全メニューの中で北極ラーメンだけ基準となる麺の量が異なり、「並」で「大盛(1.5玉)」の量の麺となっています。「大盛」は「特大(2.5玉)」と同じ量です。ラーメン系では「特大」までの麺の量しか丼に入らないので北極ラーメンは「大盛(麺の量は特大)」までとなっているのです。通常の並と同じ量で食べたい方は食券を渡す際に「麺少なめ」か「麺1玉で」と注文してください。

 【 スープ 】

「冷し○○」のスープは冷たいのですか?

「冷し○○」とはいわゆるつけ麺タイプのもので麺は冷たいですがスープは熱いです。中本では定番メニューで冷たいスープのものはありません。

○○が食べられないので抜いてもらいたいのですができますか?

調理方法(メニュー)により異なりますので注文の際に伝えてください。可能な限り対応してくれます。唐辛子を抜く事はできません。その場合は違うラーメン屋に行きましょう。

食べてみたら辛すぎた時はどうしたら良いですか?

テーブルにお酢があるのでスープに足すと少し辛さが和らぎます。また追加トッピングのバターを入れても和らぎます。冷し系(つけ麺タイプ)であればスープに浸す量で辛さ調節してください。「これ辛すぎるから薄めて!」という注文には対応していません。

テーブルにある調味料はガンガン入れても良いんですか?

老舗のラーメン屋って調味料とか入れると「ウチの味が食えねえんだったら帰れ!」なんて怒鳴られそうですよね。中本は大丈夫です。机の上にはお酢、唐辛子等が置いてありますので好みに合わせてどんどん入れてください。自分の味や辛さを作っていくのも中本の楽しみの一つです。

もっと辛くする事はできますか?

卓上に唐辛子があるので追加する事で少しは辛くする事ができます。もっと辛くしたい場合は、 ・味噌卵麺 ・五目味噌タンメン ・北極ラーメン は辛さ10倍まで ・冷し味噌ラーメン は辛さ5倍まで増やせます。注文時に口頭で伝えてください。 チャレンジメニューでは無いので無理に注文して残してしまうのはやめましょう。自分が美味しいと思う辛さ(メニュー)で食べる事が正しい中本です。

 【 ご飯 】

丼物の量はどのくらいありますか?

「樺太丼」「中国丼」等はご飯のみで400g(並盛)、「特製樺太丼」は300g(並盛)とお茶碗で軽く2~3杯分くらいあり、中本らしくかなり多めです。「半蒙古丼」は「半」という言葉に油断してしまいますが牛丼の並くらいあります。

丼(ご飯)物の大盛はできますか?

できます。「ライス大盛(60円)」の食券を購入する事で大盛になります。半サイズのメニューはできません。

ご飯を少なくできますか?

できます。食券を渡す際にお伝えください。主な注文の方法は以下になります。

・ご飯少な目 並の約3/4
・ご飯半分  並の約1/2
・ご飯1/3   並の約1/3

ただ、中本としては「腹一杯になったら残してください」というスタンスのようで、「半分」と言っても半分よりやや多く盛ってくる傾向があります。この辺はスタッフや店によって異なるので自分の適切な量の注文方法を探してみてください。

弁当を大量に注文したいのですが可能ですか?

5~6個くらいまでならその場で大丈夫ですがそれ以上なら電話で予約した方が無難です。麻婆や野菜は一度にたくさん作っていますがあまりたくさんの弁当が入るとご飯が足りなくなって他のお客さんにも迷惑がかかってしまいます。

 【 その他 】

中本の店主は「中本」という名前なのでしょうか?

中本の現店主は白根誠さんという方です。白根さんは中本の歴史では二代目店主にあたり初代の店主が中本正さんという方です。 中本正さんは2014年3月6日ご自宅で静かにお亡くなりになりました。

中本はいつからあるのですか?

蒙古タンメン中本は1968年9月12日に中本正さんにより上板橋駅前で開店された「ボルシチの店 中本」が発祥となっています。以後「中国料理 中本」となり、高校生を中心としたたくさんのファンの胃袋と心を満たしてきた中本ですが1998年12月28日、惜しまれつつ中本正氏の「中国料理 中本」は閉店をしました。中本ファンは中本に代わる味を探しましたが、中本の味はそこらのラーメン屋で味わうことはできず、このままでは日常生活に支障を来してしまいます。それならば自分で作ろう、という事で現在の店主である白根誠さんが一念発起し中本正さんに師事、修行を積んだ後、新生中本となる「蒙古タンメン中本」を2000年2月10日にオープンさせました(現在の本店)。

スープを持って帰りたいのですができますか?

できません。持ち帰りができるメニューは弁当で用意されていますので弁当で我慢しましょう。「冷味餡弁当単品」を購入し自宅で味噌汁に溶くとかなり再現率の高い冷し味噌スープができます。

ポイントカードはどうやったらもらえるのですか?

お店のスタッフへ声をかけてください。

友達の分もポイントはもらえるのですか?

当初合算は不可でしたが、2012年の4月より可能となりました。

お店ができた順番を教えてください

お店ができた日と順番は以下の通りです。
本店    2000年2月10日 (リニューアル開店2013年6月25日)
西池袋店  2001年11月28日
新宿店   2003年3月15日
目黒店   2004年9月7日
吉祥寺店  2006年4月22日
亀戸店   2007年10月2日
御徒町店  2008年8月15日
渋谷店   2009年7月18日
高円寺店  2009年12月20日(2013年12月8日閉店)
町田店   2010年8月7日(リニューアル開店2012年7月14日)
大宮店   2011年4月23日
高田馬場店 2011年9月10日
品川店   2012年2月2日
蒲田店   2012年2月11日 (2014年8月5日閉店)
秋津店   2012年5月31日
東池袋店  2013年11月25日
川崎店   2015年6月23日
草加店   2015年8月5日
立川店   2016年9月28日
船橋店   2016年11月1日
橋本店   2016年12月8日