インド丼

720円 辛さ 5 仕込調理
インドラーメンの具のインドに「若干手を加えて(当時の新宿店長談)」ご飯に乗せた、一般で言うカレーライス。辛さは当初一般的なカレーの中辛くらいでしたが後に辛さがアップ。現在では北極に迫る辛さを誇ります。味は普通のカレーとは異なり、そば屋のカレーのようなシチューのような独特の味で、これはカレーではなく中本の「インド」であり「インド」でしか無い逸品です。何度か食べ進めると玉ねぎの甘さとカレーなのか何なのかわからないあの味がしっかりとタッグを組んでまとまってて、食べ物としてはとても美味しく感じられる時が訪れます。中本さんはご自分の店の味を「激辛」なんて単純な事で売ろうとしているんじゃなく、ご自分が美味しいと感じた物を出しているんだと(その中の一つの味が辛いだけ)歴史と人柄をギュ〜っと感じられるメニューです。「こんなのカレーじゃない」と思う方はカレー屋さんに行きましょう。
インド関連については中本内部でも統一されておらず漢字で「印度」と書かれている事もありましたが、2015年9月にカタカナで「インド」に統一されました。
2020年11月に開催された「カレー祭り」より新宿店以外でも発売されることになり、辛さは各店で異なるという中本らしい事態となりました。これを楽しむのが中本道です。
戻る