川島風ひでやき

930円 辛さ 1 温/温 仕込調理
2019年4月に船橋で登場。考案者は川島ひでやき副店長。
発表後、複数人の方から「”ひであき”じゃなくて”ひでやき”になってますよ」と指摘をいただきました。いつも間違いが多いので肩身が狭いですが「ひでやき」で正しいのです。それは醤油と中本のベーススープに砂糖で甘さを加え、ラーメンの風味を作り出す為のあご出しも加えた「すき焼き風」の「やき」なんです。片栗で餡状になったスープはTOKIO醤油のような粘りで、スープには牛肉、しらたき、やき豆腐とすき焼きの定番の具とにんにくの芽、椎茸が入っています。ここまでは辛さゼロですが、最後に「七味唐辛子」が上からかけられるので辛さ1とします。
通常は考案者の作った基本の辛さ、トッピング無しを味の基本としますが、本メニューはほぼ非辛なだけで無く甘さがあるので、マニアの方は最初からほどほどに辛さはアップした方が良いかと思います。辛さアップ分は中本一味唐辛子で追加されます。
麺は並で1玉(特大まで)、辛さアップは10倍まで、野菜大盛可(ねぎのみ)。
戻る