「蒙古タンメン」カップ麺現行品


①  初代カップ麺よりは白色が多用され明るさを感じます。「辛旨味噌」の文字も新たに追加。高さは12cmとやや大きめです。


② 気になるカロリーは麺と具で430kcal。スープまで含むと540kcalです。本物には入っていない「鶏肉」がアレルゲンとして表記されています。


③  蓋の上には「辛味オイル」がついています。この油が麻婆の代わりに辛さをプラスします。逆にこれを入れなければカップ麺の「味噌タンメン」ですね。


④ 蓋を取ってお湯を入れるまでの状態です。粉状のスープの元と乾燥野菜、豆腐など蒙古タンメンとしての具が入っていて良い香りがします。


⑤  規定量のお湯(400ml)を入れて5分待って出来上がりです。麺も具もたくさんあるので良く混ぜてスープを全体に行き渡らせましょう。初心者の方はこの「味噌タンメン」の段階で食べてみて、辛いと思ったら辛味オイルは注意してください。入れなくても十分美味しいです。


⑥ 辛味オイルを入れて完成。野菜の色味がとてもキレイで良い感じです。辛さにビビりがある場合は少しずつ足しましょう。全


⑦  完成重量はちょうど500g。カップはほとんど重さが無いのでスープまで飲むとなかなかお腹が膨れる量です。

全国のセブン&アイグループにて発売しています。「太麺仕上げ」のコピーが無くなり新パッケージになりました。

づけとごの個人的感想
初期のカップ麺から少しずつマイナーバージョンアップしています。麺が多いのは本物と同じく豪気ですが、茹で上がりにムラがあるので途中で一度混ぜると良いです。
辛味オイルは辛さ以前に好みで調整するようにしましょう。