ポロサツ味噌ラーメン

1080円  辛さ5 通常麺  
2024年4月より市川にて提供開始。考案者は東江孝輔店長。
その名の通り先代メニュー「サッポロ味噌ラーメン」進化版です。ベースはサッポロ味噌でスープには生クリームが入っており、具はもやし、バラ肉に加えコーンも添えられています。仕上げとしてコーン、ネギ、青唐辛子、バターから作られた特製の「コーン油」がかけられているのが大きな特徴。
生クリームは限定で時折使用される食材ですが、「miso to kazyuu」や「甘縁坊」のように目に見えてかけられているのではなくスープに溶け込んでいます。甘いと聞くと違和感がありますが、甘さを感じるほどの量ではなくしっかりとスープに溶け込み、裏方として味噌の塩分をバランスよく引き立てており絶妙。このバランスを崩してしまうと一気にサッポロ感がなくなる難所です。今回の主役とも言える「コーン油」は辛さを引き立てるのではなく、嗅覚と味覚から本作の濃厚さと美味しさに寄与することに専念しており秀逸。トッピングされているコーンはラー油を作った際のコーンで、熱が加えられており食感も良く味噌、もやしとも相性良く一体感があります。
市川はトッピングやメニューも多く券売機のボタンに余裕が無いにも関わらず、映え無い「サッポロ味噌ラーメン」を開店から販売し続ける硬派な一面もあります。本作も原作サッポロ味噌を壊す事なく、数少ないサッポロマニアも受け入れられる範囲で手が加えられているところに東江店長のサッポロ味噌へのリスペクトが感じられ、間違いなくサッポロ味噌の3番目の正統派進化版と言えるでしょう。
辛さアップは10倍まで、野菜大盛可、中本通常麺1玉で特大まで。
戻る